雨樹一期(AMAKI ICHIGO)

1977年大阪生まれ。デザイン科卒。在学中に「国際照明デザインコンペ」入賞。フィルム現像所にて勤務の頃、カメラの魅力にはまり写真家活動を始める。
さまざまな媒体に写真をコンテンツとして提供。ペットのかわいい撮り方などでTV出演。
主な活動はペット・家族写真の撮影。カメラの個人レッスン、フィルムカメラの講師、動物病院などでペット撮影のイベント開催。
その他、カメラコラムの連載、HP制作、出版や個展など、幅広い活動を展開中。
基本、猫と犬と珈琲とカレーと娘に生かされています◎

* 個人レッスンの詳細はコチラより

主な実績

・TBS朝の情報番組「ビビット」にてかわいい猫の撮り方を紹介
・ytv『すもももももも!ピーチCAFE』にて、かわいいペットの撮り方でTV出演
・テレビ大阪「ニュースリアル」にチェキを愛する写真家で出演
・『週刊プレイボーイ』にて「初めてのトイカメラ(モデル:鈴木ちなみ)」掲載
・丸井のクレジットカードEPOSデザインカードに写真を提供
・東京ドーム「スパ・ラクーア」にて環境映像作品の上映
・「JEUGIAカルチャーセンター堺タカシマヤ」にてご当地講座開催
・写真雑誌「写ガール」でトイカメラコラムを3年連載。付録の猫カレンダー担当
・ネットフィルム現像所のトイラボにて、フィルムコラムの連載
・サンライズカメラHPにて、オールドレンズとフィルムカメラのコラム連載
・阪急うめだ本店『うめだスーク』にて開催『女子カメラ部』に参加
・じゃらん「レトロ温泉街」特集でトイカメラ取材
・フレブル雑誌「BUHI」にペット・家族撮影の写真掲載
・富士フィルムの新チェキ発表会に向けて、発売前の実機で作品撮り
・そらとぶ猫フォトコンテスト優秀賞受賞
・犬めくりカレンダー金賞受賞
・全国のローソンにて猫写真のプリントサービス実地
・2019年ご長寿ペットフォトコンテストにて「ユーモア賞」受賞
・2020年度版、犬めくりカレンダー特別賞受賞
・2020年度版、こねこめくりカレンダーの表紙に選ばれる

書籍

『猫とビートルズ』(金曜日刊 文:今一生)
『リグレット~今でも、あなたが恋しくて』(青春出版社刊 文:晴香葉子)
『一期一会 ~手繰り寄せる記憶の物語』(創英社刊)
『しあわせの観覧車』(創英社刊  共著者:吉井春樹)

掲載誌

『写ガール』Vol.2〜20まで連載。15号の猫カレンダー担当(エイ出版社刊)
『BUHI』Vol.35・39・40・49など(オークラ出版刊)
『フィルムカメラの楽しみ方』(マイナビ刊)
『写真を楽しむ133のネタ帖』(雷鳥刊 saorin著)
『週間プレイボーイ29号』(集英社刊 )
『CanCan』(小学館刊 )
『東京流行通訊』
『re-quest-QJ』
『住宅総研』表紙(リクルート社刊 )
『リラックスじゃらん 3月号』(リクルート社刊 )
『かわいい写真の撮り方手帖』(マイコミ刊)

写真家になるまで

昔は趣味で絵本を描いていました。文章を書くことも好きで、物語や詩を書き溜めていました。
その頃はフィルムの現像所に勤めていたのですが、写真に興味があるわけではなく。ただ何となく社員割引でデジタルカメラを購入。撮影した空や花の写真の上に詩を載せてみたところ、「おー!これええやん!」と。
そこからは勘違いというか根拠の無い自信のみで、ひたすらに写真を撮り続けていきました。
 
僕は写真で人生が変わりました。日々に楽しみが出来て、日常が少し変わって見れるようになりました。はじめは趣味の一部でしたが、写真が販売され、仕事を頂けるようになり、教える立場にもなりました。
現在は個人レッスンやフィルムカメラのワークショップ、ペットとの家族撮影、HPの制作などを中心に活動しています。教えること、その成長を見届けること、ご家族のしあわせな日常を撮影すること。人やペットとの出会いがとても楽しいです。ワンコもニャンコも大好きです。

それがペットを撮るようになったきっかけでもありますが、もうひとつ。
我が家では三匹と猫ちゃんと暮らしていました。今は一匹になり、寂しいのですが、もっとたくさん写真を撮っておけば良かったと思いました。ペットは人よりも短い命。あまり考えながら過ごしてはいませんが、考えたくはありませんが、写真というカタチとして残すことがどれだけ大切か、それがどれだけ後々の宝物になるか気付きました。そんなお手伝いが出来ればいいなと思ったのがきっかけです。

後は、仕事や作品に関係なく娘を撮りまくっています(笑)。